• ユアプロメディアチーム

管理栄養士が勧めるおやつ(間食)の選び方


こんにちは。

管理栄養士の河内瑠璃です。

普段色々な方とカウンセリングをさせていただいていると、3食の食事以外で取る間食についてたくさんご質問をいただきます。

食事はもちろんですが、間食もポイントを知った上で選ぶことができるとさらにパフォーマンスアップに効果的です!

(お食事については前回のお惣菜の選び方についてもぜひご覧くださいね。)

今日は脂肪を増やさないようにすること、疲労回復や筋力維持につながること、この2点に着目して、間食の選び方についてお伝えします。

成長期のお子様にもおすすめです^^

おやつ(間食)を選ぶ3つのポイント


① たんぱく質が含まれるもの 筋肉はもちろん、ホルモン、酵素、肌や爪、髪などあらゆるものの原料となるたんぱく質。こまめに摂ると吸収率が上がるため、パフォーマンスを上げたいアスリート、痩せやすい身体を作りたい方、脂肪を増やしたくない方にもおすすめです。幸せホルモンと言われるセロトニンの原料もたんぱく質なので、ストレスコントロールにも重要な役割を担っています。

例)ゆで卵、チーズ、高たんぱくヨーグルト、無調整豆乳、枝豆、小魚(アーモンドフィッシュ)、煎り大豆など。

(※たんぱく質については過去のこちらの記事もご覧ください。)




② 果物

ビタミン、ミネラルが豊富な果物。水分も多いので満足感もあり、おすすめです。ビタミンCは抗酸化栄養として知られています。身体を酷使しているアスリートにも積極的にとっていただきたい栄養素です。ただ、果物に含まれる果糖は一番脂肪に変わりやすい糖質なので、摂る時間帯には注意していただきたいです。夜遅い時間帯は避けられると理想です。ドライフルーツも手軽に買えて良いですが、砂糖が添加されていないものを選べるとなお良いですね^^

例)たんぱく質の代謝に必要なビタミンB6が含まれるバナナ。

  ビタミンCが豊富な柿、オレンジ、いちご、キウイフルーツなど。



③ アーモンド、カシューナッツなどのナッツ類

良質な資質が含まれるナッツ類も間食にはおすすめです。またアーモンドには抗酸化栄養や血管を拡張し、血流をよくしてくれるビタミンEが多く含まれていますので、疲労回復や代謝アップなどにもおすすめです。塩が添加されていない素焼きがおすすめです。

今回ご紹介したものは遺伝子検査の疲労・ストレスにリスクがある方や、筋損傷にリスクがある方にもオススメのものです。

また、コンビニでも買えて手軽に取れるものばかりなので参考になれば幸いです。

ご自身の先天体質を知り、パフォーマンスアップや怪我の予防にをしていきましょう。

364回の閲覧
LINKS
ABOUT

本社  

〒221-0052 神奈川県横浜市神奈川区栄町5-1 横浜クリエーションスクエア14F
TEL 045-620-0644 FAX 045-330-5571
(問い合わせ時間 平日10時~18時)

詳細ACCESSはこちら


武蔵小杉オフィス

〒211-0004 神奈川県川崎市中原区新丸子東1-823-13 GILIGILI333
TEL 044-982-4565 FAX 044-330-0505
(問い合わせ時間
 平日10時~18時)

SOCIAL
  • White LinkedIn Icon
  • White Facebook Icon

©Keymine.,LTD. All rights reserved.