「遺伝子検査=これからの常識」【Perfect Pitch & Swing 代表 長坂秀樹様 インタビュー】



プロフィール




Perfect Pitch & Swing 代表長坂秀樹

1978年 8月1日 神奈川県横浜市生まれ

小学2年生から野球を始める 高校時代は長野県の東海大三(現在は東海大諏訪)に野球留学をして3年生の時(1996年)にエースとして同校の夏の甲子園初出場の貢献する

長野県大会7試合の記録 52イニング 78奪三振(1試合平均 13.5個) 防御率0.52は当時の甲子園出場校のエースとして唯一両部門でトップ5に入る 8連続奪三振は長野県の記録 

その後東海大学に進学 2年の時は主戦として全国大会4試合のうちに3試合登板 準優勝に貢献をする その後野球を退部 卒業後は1年間 新宿の百貨店でジュエリーアドヴァイザーとしてサラリーマンを経験

2002年に野球への想いを断ち切る事が出来ずに退社 単身渡米

2002年~2009年までアメリカでメジャーを目指し 独立リーグなどでプレー 

95マイル(152キロ)を記録 身長166cmと小さいながらも速球派としてプレー

2010年には帰国して独立リーグ 新潟アルビレックスBCでプレー 試合登板中に肘を疲労骨折してその後現役を引退

2011年 神奈川県藤沢市に 野球塾 Perfect Pitch and Swing をオープン

現在は小中学生を中心に約120名の生徒と一緒にBaseballを伝えている

「遺伝子検査=これからの常識」


まず私がこの遺伝子検査に対してものすごく興味を持ち私と妻も含め、1歳、4歳の子にもやりました。


実際にやってみて、決してアスリートだけのものではなく、一般の人にこそ知ってもらいたい! そんなものでした


まず私が掲げたのが 200名は集めるのでセミナーをお願い致します!でした セミナーなど一度もやったこともなく会場を探したことも 借りたことももちろんなく、何が必要なのか?恥ずかしながら全くわかっていませんでした・・・ それでも私がこれだけ良い!と思ったものだからその熱意を伝えれば200名くらいならイケる!っていう根拠のない自信! それと言ってしまった手前 恰好がつかないので「絶対に集めますよ!記録作りますね!」なんて軽々しく言ってしまった・・・・ ですが どこかに本当は自信があったんですね



それは私が身を置いているのは 野球界 この国で言えば野球はメジャースポーツです ですが 恥ずかしながらメジャースポーツであるが故に?なのか 広くとらえて野球界が? かはわかりませんが 他のスポーツ(競技)と比べると圧倒的に遅れています

考え方や指導方法などなど・・・ それは良く言えば伝統的 我が国特有の教育的方法での・・・我々の時代は云々・・・などなど


果たして本当にそうなのでしょうか? 私はそれに対して危惧している部分があり それはとても妄信的であり、絶対的な権力に逆らえない構図がそうさせている現実 くだらなく 大したこともない 小さな界隈だけでの 武勇伝に惑わされ 踊らされて 駒のように扱われていく次世代の才能を守りたい


守りたい!というと仰々しく しかも生意気に思われるかもしれませんが その可能性をこの遺伝子検査に感じました! 事実 他の競技 国では常識になっています 私自身が日本だけでのプレーではなく、アメリカを中心で野球という狭いカテゴリーの中ですが、それでも他の国の思考やものの見方などを学んできた 経験してきた自負はあります



それはトップレベルを目指し底辺から見てきたからこそ感じるものもあります

脱線してしまいましたが・・・ 私がこの遺伝子検査の中身を知れば知るほど・・・



これはいち早く 私の周りにいる人に伝えなくてはいけない!と思い 前述のセミナーを企画致しました

結果・・・・・・


200名を超えるセミナー 県外からも参加者が来てくれ 今も尚 噂が噂を呼び この遺伝子検査をご希望して頂く方が増えています





私がこのセミナーを開催して嬉しかったのは 野球界はもちろんですが、野球をやっているお子様をお持ちの御父兄様で美容関係の方からやお姉ちゃん 妹 友達 まで広がり それこそ他競技 「水泳や陸上では当たり前となっています! 姉と同じ教室に通っている日本代表の子がやっていると聞いていて、今回 長坂さんからこの話を聞いて間違いない!って確信を持てたので受ける事に決めました!などのお声を頂いた時に このセミナーを開催した意味がありました



私の子もそうですが、出来るだけ早い時期に知って活用出来る事が良いと思っていましたのでそれも一緒に皆様に説明をしました そう致しましたらご家族全員で生後2か月の子も受けてくれました


遺伝子検査はこれからの可能性をとても感じます



これから東京オリンピックが開催されます その時には今以上に当たり前になっていると思いましたのでそうなる前に少しでも知ってもらいたいと思いました


かなりのトップアスリートが実際にこの遺伝子検査を活用しています 野球界のトッププレーヤーもやっていると私のコネクションからも聞いています


現役の選手は本当に良いものは中々周りに勧めませんが 私は現役を終えて次世代に伝えていく立場ですので この遺伝子検査を競技関係なく広くこの世に広める事が出来たらと思います。



また、今回キーマインさんとコラボしてセミナーを開催出来たのですが、この遺伝子検査は調べておしまいではなく 「どう活かすか?」これが大切な事で、これをどのようにしてクライアントに提案できるのか?調べる事は出来るけどそれ以降で私を信頼してくれた方々に満足して頂けるにはきめ細かいカウンセリングに尽きる!と思っていました。


事前のミーティングでもキーマインさんはその事を再三おっしゃられていて信頼出来ると思いましたので一緒に出来て良かったと思っています。


当日専属の栄養士の先生とトレーナーの先生にお越しいただいたのですが、無料のセミナーとは思えない内容でした 検査を受けて頂いた方々には後日結果が出てから個別のカウンセリングも行ってもらっています






今回ご参加頂いた200名を超えるお客様から2回目も行って欲しいというお声がすぐに届きました。



日々進化をしている遺伝子検査の世界ですが、スタッフの方も常に勉強をされていて、質問に対してバシッと答えられるところを見て キーマインさんとご一緒する事でこの商材をただ売る!のではなくそれ以上の価値を皆さんに提供できると感じお願いさせて頂きました。 また是非ご一緒できればと思います。


長坂秀樹




あとがき

説明会開催のオファーを頂いて初めての打ち合わせで、長坂代表は日本の野球界・子供たち・親御さんたちへの熱い熱い想いを聞かせてくれた。心の底から野球が大好きで、大好きだからこそしっかりとしたものを子供たちと親御さんたちに届けたい!!

我々が取り組んでいる今まで日本になかった新しい考え方にもとてつもない熱い気持ちで共感してくれている。

その想いに私たちも全力で応えたい!

長坂代表との打ち合わせが終わった後その日は一日中なんだかわくわくが止まらなかったのを覚えている。

今回のセミナー&遺伝子説明会は彼のこの熱い想いと今まで積み重ねてきた子供たち、親御さんたちからの絶大なる信頼なしでは成し得なかったことだろう。

このセミナー&説明会は私たちにとってもとても貴重な経験となり、そして大きな自信にもなった。 このご縁とサポートして下さったすべての皆様に感謝申し上げたい。


LINKS
ABOUT

本社  

〒221-0052 神奈川県横浜市神奈川区栄町5-1 横浜クリエーションスクエア14F
TEL 045-620-0644 FAX 045-330-5571
(問い合わせ時間 平日10時~18時)


武蔵小杉オフィス

〒211-0004 神奈川県川崎市中原区新丸子東1-823-13 GILIGILI333
TEL 044-982-4565 FAX 044-330-0505
(問い合わせ時間
 平日10時~18時)

SOCIAL
  • White LinkedIn Icon
  • White Facebook Icon

©Keymine.,LTD. All rights reserved.