「遺伝子検査を受けるだけでなく、しっかり理解して活かすことが大切ですね。新たな視点で色んな事を学べて、ワクワクする!」【ある野球選手から言われた言葉】 管理栄養士 佐藤彩香

我々キーマインでは遺伝子情報は「知る事」よりも「活かす事」が大事! に拘り続けております。

ですので、「遺伝子検査」や「遺伝子検査キット」だけの販売はしておりません。※1

検査から導き出された情報をいかにご本人や指導者様、保護者様が活用しその後の生活に


活かしていけるか

が重要なのです。


ですのでキーマインで遺伝子検査をお受けいただく際は、必ず専属の管理栄養士による電話でのカウンセリングやマンツーマンでのサポートプログラムなどを提供させて頂いております。








そうする事でお客様の遺伝子情報はただの受ける検査ではなく活かす検査としての価値になっていくのです。


ここで以前遺伝子検査を受検頂いたある野球選手の話をさせて頂きたいと思います。



その選手は、 常に安定したコンディションを作りたいという課題がありました。 どこか波があり、疲労も満足に取れないことがよくあるとのこと。


ただ遺伝子検査の結果は、

「疲労・ストレスにはリスクなし」

だったのです。



結果のレポートだけを見たその方は、「遺伝子には問題ないなら気の持ちようかな」とカウンセリングを受ける前まではそのように思っていたそうです。



ただ私がよくよくレポートを読み解いてみると

「血管収縮にリスクあり」